学生ローンの融資限度額について知る

ノートとペン学生ローンを利用するのであれば、知っておくべきことはいろいろとありますが、融資限度額については基本となるのでぜひ知っておくべきでしょう。
 
学生ローンには融資限度額があり、自分が借りたいだけ借りることが出来るというわけではありません。
学生ローンの融資限度額は50万円までと他のローンと比べると低めになっています。
 
限度額が50万円までといっても必ず50万円まで借りることが出来るというわけではありません。
 
総量規制という制度があるため最高でも年収の3分の1までしか業者は貸すことが出来ないので、多くの人は限度額いっぱいで借りることにはならないでしょう。
また、必ず年収の3分の1までなら借りることが出来るというわけでもありません。
 
このように学生ローンは小口融資であり、大きな額は借りることは出来ないということは頭にいれておくべきでしょう。
しかし、業者によっては50万円以上の融資が可能としているところもあるようです。
そのような業者でも総量規制は対象となっているので、希望する融資額の3倍以上の年収がないと融資してもらえないことを考えると、学生の収入で50万円以上の融資を受けるというのは非常に稀なケースとなるでしょう。
 
融資限度額が低めというのは一見デメリットのように感じる人もいるかもしれませんが、収入が少ない学生が借りすぎて返済が出来ないのを防止するという理由もあり、限度額が少ないために、審査は非常に通りやすく、在籍確認も行われませんし、保証人や担保も必要ないので、気軽に利用出来るというメリットもあります。



このページの先頭へ