学生ローンの大きな特徴を知る

チェックリスト学生が日常生活でおとずれるちょっとしたお金のピンチを救ってくれるのが学生ローンです。
 
学生ローンとして他の消費者金融のローンと区別されているということは、他のローンとは異なる特徴があるということになります。
 
これまで学生ローンを利用したことがないという学生の人で、よくお金のピンチが訪れるという人は特徴を知ることで、自分もピンチの時は利用してみようかなと思えるようになるかもしれないので、ぜひ知っておくと良いでしょう。
 
まず、大きな特徴は限度額が少ないということ。
50万円以内までしか借りることができないということでしょう。
 
限度額が50万円以内と聞くと「少ない…?」と思う方もいるかもしれませんが、借りたお金は利子をつけてきちんと返済しなければならないので、一般的な学生の返済能力を考えれば、限度額が低めに設定されているのは当然のことだといえるでしょう。
 
収入によってはこの限度額を超えて借りることが出来る業者もあるようですが、年収の3分の1までしか貸すことができないという総量規制という法律もあるので、この法律に従って限度額以上の額を借りるとなれば、年収150万円以上の稼ぎがあることが必要となってくるので、あまりないケースだといえるでしょう。
 
ただし、限度額が50万円までとありますが、誰しもが50万円借りれるというわけではありません。
 
例えば、総量規制の年収の3分の1までしか貸付ができないことから、年収60万円の人であれば、業者は20万円までしか貸付ができません。
 
このような、学生ローンの特徴を必ず頭に入れて、借入を行いましょう。
 


おすすめの学生ローンはこちら


このページの先頭へ