学生ローン比較セレクト | 親に内緒で低金利で借りれるので安心

学生ローンでお金を借りる

女性 学生でお金が必要になった場合、学生ローンでお金を借りることができます。学生ローンとは、貸付対象が学生のローンのことです。

学生ローンであれば、家族や知人などに借りるのと違って、人間関係などを気にすることなく気軽に借りることが出来ますよね。

カードローンは社会人だけでなく、学生の方でも申し込むことが可能です。
ひと昔前であれば、銀行や消費者金融でお金を借りると言えば、サラリーマンがほとんどでしたが、現在では、サラリーマンだけでなく、学生や主婦の利用者も非常に増えてきています。

学生ローンを利用する条件は20歳以上でアルバイト収入があるかどうか

学生が銀行や消費者金融にカードローンを申し込むには、2つだけ条件があります。

1つ目は年齢が20歳以上であるということ。
カードローンの貸付対象は20歳以上なので、20歳未満の方は本人だけでは借りることができず、親の同意が必要になります。

2つ目はアルバイト収入があるということ。
一般的にカードローン会社の貸付条件などを確認すると、「安定した収入があり、返済能力を有する方」と明記されています。

安定した収入があるという点に関して重要なポイントは、持っているお金や給料の額ではなく、毎月きちんと収入を得られているかどうかです。

たとえアルバイトの給料が多くなくても、毎月一定の収入さえあれば、学生でもカードローンの審査に通る可能性は十分あります。 勤続年数は長ければ長い方が印象は良いでしょう。

学生ローンは親にもアルバイト先にも内緒で借りれる

内緒学生ローンでお金を借りたいけど、親やアルバイト先に知られてしまうかもしれないという不安を持っておられる学生の方もおられるでしょう。

しかし、学生ローンは、親にもアルバイト先にも内緒で借り入れが可能なんです。

そのためには、WEB完結申込みがおすすめです。

学生ローンでキャッシングする場合、まずは学生ローンの申し込みをして、審査によって融資額を決定し、本人確認をとってから融資するという流れになるのですが、このすべての手続きをスマホで出来るというのがWEB完結申込みです。

消費者金融の場合、借入額が50万円以内であれば、収入証明書類は不要ですし、本人確認も運転免許証や健康保険証などの身分証をスマホで写真を撮って送るだけです。

審査の際、勤務先に在籍確認の電話があっても、カードローン会社の名前ではなく個人名で電話をかけてくれるので、お金を借りることがばれたりするようなことはないので安心してください。

WEB申込なら親や会社に内緒でお金を借りれるだけでなく、学生ローンに申し込んだその日のうちに借りられるというメリットもあるので、おすすめです。

家族や友人に頼むよりも学生ローンの方が良い理由

友達学生の皆さんは、日々生活を送っていくなかで、急にお金が必要になったのにお金がなくて困ったという経験をしたことはありませんか?

学生であっても、友人との付き合いや、学費の工面、生活費など様々な理由でお金が必要となるケースはたくさんあるので、ほとんどの人がこのような経験をしたことがあるのではないかと思います。

お金が必要になった時に、家族や知人に借りるという方法もありますが、親に相談出来ないケースもあるでしょうし、学生の友人であれば、貸してあげるほどお金に余裕がある人も少ないでしょう。

また、お金を借りるとなると良い印象はもってもらえませんし、その人との信頼関係が崩れてしまうことも考えられます。
必要なお金の金額がある程度大きいとなると、そもそも貸してもらえない可能性が高いと思います。

お金の話は家族に相談しづらいし、友達とお金のことで揉めたくないのであれば、学生ローンを検討してみてください。

学生ローンは学業関係のことに関わらず、何に使ってもかましません。
運転免許を取得する人も多いので、車やバイクのローンとして使うのもいいでしょう。

学生カードローンの借入審査に通るには

運転免許証と保険証学生カードローンを作るのであれば、作りやすいのは銀行カードローンよりも消費者金融のカードローンです。
銀行カードローンは総量規制の対象外ということで作りやすいイメージがありますが、親権者の同意が必要だったり、一部の会社は学生不可になっていることもあります。

親にばれたくないという場合には、消費者金融のカードローンで借入審査を受けた方がいいでしょう。

学生ローンといえば、マルイ・カレッジ・アミーゴ・ベル・トーエイ・イーキャンパスなどの消費者金融の名前がよく挙がりますが、安心して借りれるところとしてはアコムなどの大手消費者金融がおすすめです。

消費者金融だと、学生カードローンを作るための申し込み条件は20歳以上、安定した収入ありとなっています。

安定した収入というのは、正社員でなければならないというわけではありません。
アルバイトなどの非正規の社員でも、毎月安定した収入があれば申し込み条件を満たしていることになります。

つまり、学生でも20歳以上でアルバイトをしていれば借入審査に通る可能性はあるということです。

学生カードローンの借入審査で必要なのは、本人確認書類です。
運転免許証、保険証、パスポートなどがあればいいので、学生証や収入証明書も必要ありません。

収入証明書は消費者金融なら50万円までは不要です。
銀行カードローンは100万円〜300万円までは不要です。
学生のステータスで50万円の借入が認められることはほぼないので、収入証明書が必要になるケースはないでしょう。

ただし、これまでの借入状況や信用情報と照らし合わせて信用度が低いと判断されると、収入証明書の提示が求められることがあります。
学生専用カードローンもありますが、これを提供しているのは中小企業なので、提携しているコンビニや銀行のATMが少ないのがネックです。

学生カードローンは、提携のコンビニや銀行のATMが使えますし、手数料が取られないことも多いです。

アルバイト収入があれば普通の学生カードローンに申し込むことができるので、だいたい月5万円くらい稼ぐことができているのであれば、借り入れを考えてみてはいかがでしょうか。

即日で借りられる学生カードローンの金利はどのくらい?

電卓学生カードローンに限らず、キャッシングを利用するときは金利が付き物です。
銀行や大手消費者銀行のウェブサイトを見ると「○○~○○%」と書いてありますが、これが金利です。
「月々どのくらい返済するんだろう?」と計算したいときに、この数字を使います。

学生カードローンは一般のカードローンと違って金利が低いイメージがありますが、実は消費者金融とほとんど変わりありません。
具体的には約14.6~18.0%ほどです。
銀行カードローンだともっと消費者金融よりも低金利ですが、学生の利用は難しいと言えます。

低金利の銀行と比べると消費者金融は金利が高く感じられるかもしれませんが、一定期間無利息で借りられることもあるので、それほど金利を気にしなくてもいいとも言えます。

学生カードローンを利用するときは上限金利の18.0%になることがほとんどです。
その理由は「学生は少額融資のため」です。

少ない融資だと金利が大きくなるのは社会人のカードローンでも銀行のカードローンでも同じです。
学生だから特別に低くなるわけではないので、利用するときは返済計画を立てておくことが重要です。

しかし、学生カードローンを利用する目的が学費である場合は利率が割引になることが多いので、まずは学生カードローン会社に相談してみてください。
学生のうちは学費だけではなく、遊興費や生活費で家計を圧迫しがちです。

学生カードローンは即日審査・即日融資にも対応しています。
どの会社を選ぶかによりますが、すぐに必要な場合はインターネットからの申し込みで素早い審査と振り込みが可能になります。

学生カードローン専用の会社に申し込んでもいいですし、大手消費者金融でも20歳以上で安定した収入があれば申し込みも融資も受けられます。

カードローンの利用が初めてであれば、無利息期間を設けているキャッシング会社に申し込むと返済がしやすくなります。

何の目的で、どのくらいのお金が必要なのかを考えて、学生カードローンを申し込むようにすると返済計画も立てやすくなります。
学費が目的なら学生割引のあるカードローン、生活費や遊興費なら一般カードローンと使い分けてもいいでしょう。



このページの先頭へ